V100にET3 133ccを組む場合は・・

こちら冊子等ではなく、参照いただくページとしています。

-----------------------------------------------
前提として・・。
排気量が変更になる場合は必ず該当クラスに登録変更*1をお願いします。
また運転免許の枠を超えないようにご注意ください。法律により罰せられます。

交換には専門知識、技術が必要です。
お近くの国家資格のある技術者、工場に作業を依頼することをお勧めします。

この改造による重大事故、死亡、損害等一切の責任を負いません。

*1 125cc以下から125cc以上の排気量変更は
車体の強度データー提示など登録が難しいと聞いております。
その場合は公道走行できません。ご注意ください。
---------------------------------------------

V100のノーマルシリンダー、ピストンが入手困難なため
ET3用のKITを代用として組むことになります。

その場合KIT以外に最低限必要な物を下記に。

ET3用シリンダースタッドx4本
キャブジェット 現車のジェットを見てから2番手上げを目安に数番手
マフラーはET3用が必要(ポリーニの場合再生産前ET3用が無加工で装着可)
他のマフラーは装着に加工が必要なケースあり。
シリンダーカバーもET3用が必要。

シリンダー装着に関してはセオリーどおりに組むだけ。
販売価格 0円(税込0円)
※在庫数は少し前の状況を参考に表示しているため、
ご注文時には表示と異なる場合がございます。
ご注意)ご注文が確定しても実際には欠品している場合がございます。(欠品の際は追ってご案内いたします)
予めご了承ください。

純正品番からも探せます

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ