ブレーキシュー交換

前提として・・。
ブレーキシューの交換は可能な限り
国家資格を持ったプロの整備士に作業を依頼し
認証工場で作業されるようお願いします。

--------------------
こちら冊子等ではなく、
ブレーキシュー交換の際に参照いただくページとしています。


--シュー交換をする場合-----------

新品のシューをそのまま組まず、
加工をして、調整をしてから乗車してください。

まずは・・・。

*シューを装着前に両サイドの角を斜めに落としてください。(画像A 両方)
*スリット(溝)を入れる場合は進行方向に対して
直角ではなく斜めに30-40度くらいに入れてください。
入れた溝も面取りしてください。(画像B)
(溝加工はブレーキダストと冷却と鳴きに効果があるといわれています。)

*シューを装着前にカム軸のグリスをふき取り、
新しいグリスを塗布してください。

*シューのフルクラムパッド(下駄 画像D)が正しく装着できるか
確認してください。
シュー側の面を軽くさらっても良いです。

*カムと下駄の接触面にもグリスを塗布してください。
(ブレーキ用の専用品をお使いください)

*バックプレートのシュー支点側にも
同様にグリスを塗布します。(画像C)

*シューを装着したら、
ドラムとシューの当り面を確認します。

*タイヤを装着し回転させブレーキを掛けます。
何度か繰り返すと当り面の状態が確認できます。

なるべく広く当るように、当っている面を
サンドペーパなどで削ってください。

粘着テープタイプの物をドラム内側に貼り、
面を出すと効果的です。

*面が出たら必ず試乗して効きや各部の確認をしてください。

*後はワイヤーを調整して終了です。

*定期的なシューの当り確認、ダストの除去、
グリス交換をお勧めします。
販売価格 0円(税込0円)
※在庫数は少し前の状況を参考に表示しているため、
ご注文時には表示と異なる場合がございます。
ご注意)ご注文が確定しても実際には欠品している場合がございます。(欠品の際は追ってご案内いたします)
予めご了承ください。

純正品番からも探せます

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ