ベアリングサイズ早見表

こちらは冊子ではなく商品購入に関して
参照いただくページとしております。
------------------------------

ベアリングをクランクケースに装着する場合は
ケースを80度以上に熱すれば簡単に装着できます。
ほとんど叩きません。

V50S(100/ET3もですが)はクランク左側のベアリングと
クランクシャフトのクリアランスが甘いので
ケースを閉じる場合の参考にしてください。

叩くことなくケース閉じる例 
V50Sの場合
クランク右にベアリングを専用工具で装着する。
ケース右を熱し(クランク冷蔵庫で冷やしておく)クランクを挿入する。
クランクケース左を熱し、ベアリングをケースに装着する。
ケースが冷えたらオイルシールを装着し、
クランクケース両方をあわせる。


------サイズ表-------


---V50S
クランクフライ側 6204/c5またはc4 20x47x14mm
クランククラッチ側 6303/c4またはc3 17x47x14mm 
セカンドシャフト右 6200/c3 10x30x9mm 
セカンドシャフト左 (クラッチケース側) 16005 25x47x8mm
Dシャフトタイヤ側 6204/c5またはc4 20x47x14mm
Dシャフトシフト側 ニードルローラー16x22x12mm 


---90/100/Primavera/ET3(19mmクランク)
クランクフライ側 N204 20x47x14mm 
クランククラッチ側 6303/c4またはc3 17x47x14mm 
セカンドシャフト右 6200/c3 10x30x9mm 
セカンドシャフト左 (クラッチケース側) 16005 25x47x8mm 
Dシャフトタイヤ側 6204/c5またはc4 20x47x14mm
Dシャフトシフト側 ニードルローラー16x22x12mm 


---ET3再生産(PKエンジン 24mmクランク)
クランクフライ側 ニードル ローラー38x25x15mm
クランククラッチ側 6303/c4またはc3 17x47x14mm 
セカンドシャフト右 6200/c3 10x30x9mm 
セカンドシャフト左(クラッチケース側) 16005 25x47x8mm
Dシャフトタイヤ側 6204/c5またはc4 20x47x14mm
Dシャフトシフト側 ニードルローラー16x22x12mm 


---P/PX125/150/200
クランクフライ側 ニードルローラー 38x25x15mm
クランククラッチ側 62x25x12mm
セカンドシャフト 各サイズ有、現車にて要確認
Dシャフトタイヤ側 6204/c5またはC4
Dシャフトシフト側 ニードルローラー28.5x35x12mm

-----------------------
6303など4桁の数字は規格サイズを表します。
4桁の数字の後にあるc5/c4などは
ベアリングの隙間(ガタ)の規格であり 
C2<CN<C3<C4<C5と数字が
大きいほど隙間が大きくなります。

隙間の大小は、疲れ寿命、振動・騒音、発熱など
軸受の性能に大きく影響しますので、
メーカー指定の物を使用してください。

勘違いされる方が多いのですが、
隙間が小さいほど性能の良い
ベアリングということではありません。

適材適所で決められています。
販売価格 0円(税込0円)
※在庫数は少し前の状況を参考に表示しているため、
ご注文時には表示と異なる場合がございます。
ご注意)ご注文が確定しても実際には欠品している場合がございます。(欠品の際は追ってご案内いたします)
予めご了承ください。

純正品番からも探せます

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ