ポリーニ 125ET3 133CCボアアップキット 57mm  ノーマル

適合車種 125ET3/PK125
EX側のスタッドボルトサイズが6mm用の
車両になります。
8mmの車両にも使用できます。

100には代替にて使用できます
シリンダースタッドなど要変更
マフラーもET3用が必要になります。


8100rpm
12.2hp





-----133ccKIT+PHBL22のセッティング

PHBLのスローは1486になります。現在の番手が50でしたら48/52が
次番となりますが、まずはM/Jをだいたい調整されてからをお勧めし
ます。

先に「空吹かし」で素直に8000回転まで吹け上がる&可能な限りは
濃いM/Jにして下さい。ニードルは真ん中にして下さい。スロージェット
ですが、アイドリングで「スローランニングアジャスター」を調整してアイ
ドリングの回転が上下しますが、一杯から2回転程度で回転数の山が
出れば、まずその番手が基準になります。

プラグはNGKで#6にして下さい。かなり普通に走ると思います。ただプ
ラグはやや黒くなります。もし発進の際にフルスロットルに早めにする
と失速する様でしたらM/Jを#2落として下さい。

後はスローランニングアジャスターを0.5回転前後、左右に回して発進
の時、エンジン回転をあまり上げずにクラッチを繋げてしみます。スム
ーズに発進、さらにスロットルの操作での加速ができる場所を探して
下さい。この時に「0.5回転戻し」「3回転戻し」になればS/Jを1段変化
させる必要があります。

これでM/JとS/Jはだいたい決まります。さらにニードルジェットを上
下で1段階づつ上下にズラして、スロットル1/3から1/2程度の加速
の際のスムーズさを確認して下さい。

エアークリーナーを装着しませんと、セッティングはピンポイント的に
なります。またこの時期からは空気の温度が低い為に現在に合わせ
ても真夏では濃い症状がでます。
販売価格 27,800円(税込30,024円)
型番 1400050
※在庫数は少し前の状況を参考に表示しているため、
ご注文時には表示と異なる場合がございます。
ご注意)ご注文が確定しても実際には欠品している場合がございます。(欠品の際は追ってご案内いたします)
予めご了承ください。

純正品番からも探せます

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ